SIAM 1928

【香水辞典】CHAPPAYA PUTTA(Siam 1928)

香水オタク

CHAPPAYA PUTTA

SIAM 1928

PARFUM CONCENTRATION: 15%

調香師 NUTT WESSASARTAR

Kaffir Lime Petitgrain Litsea Cubeba

Rain Notes Ginger

Mud Musk Patchouli

スポンサーリンク

コンセプト

「CHAPPAYA PUTTA(チャッパヤ・プッタ)」と呼ばれる、幻想的なタイのナーガの一つは、虹色のうろこを持ち、日光に照らされると虹のように輝く、と信じられています。そのほとんどが母胎ぼたいから生まれるとされ、深い森の奥深くに住んでいるため、滅多に姿を見せません。

この香りは、チャッパヤ・プッタの虹色のうろこと雨上がりの香りを香りで表現したものです。カフィアライムとリツェアキュベバからのシトラスの爽やかなノートが、ネロリと絡み合います。これにより、雨の香りが特徴的なレインアコードが生まれ、その清涼せいりょう感が際立ちます。ジンジャーのスパイシーな触感が、雨上がりの香りの不可欠な要素として加わります。そして、豊かで湿った土の香りと、パチョリから得られる土っぽいトーンが、地球的なニュアンスを添えます。これらすべてが、ムスクベースにのって調和のとれた全体を形作ります。

Siam 1928公式サイト https://siam1928.com/product/siam1928-chappaya-putta-ceramic-bottle/

購入可能なお店と値段

価格は2024年4月7日現在のものです。

スポンサーリンク
ABOUT ME
Kanako
Kanako
香水オタク
ニッチフレグランスの沼にハマり、約3年。香水愛好家。香水ボトルのコレクションは300以上、サンプル所有数は1000を軽く超える。朝香水をつけないとやる気にならない怠け者。でも香水の展示会には海外にも行ってしまう行動的な部分もある。タイ・バンコク在住🇹🇭

私の香水日記をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

記事URLをコピーしました