SIAM 1928

【香水辞典】KARAWIK(Siam 1928)

Karawik
香水オタク

KARAWIK

SIAM 1928

PARFUM CONCENTRATION: 15%

調香師 NUTT WESSHASARTAR

Lavender Galbanum

Coconut Magnolia Wild Mango

Oakmoss Sandalwood Cedarwood

スポンサーリンク

コンセプト

魅惑的なヒンマパンの森には、「KARAWIK(カラウィック)」として知られる神秘的な鳥が緑の葉の間に住んでいます。これらの魅惑的な生物は、美味しい野生のマンゴーを食べ、それによって活力を得て、彼らの美しい歌を生み出します。彼らの美しい声は、クリスタルパイプのようで、森全体に響き渡り、全ての動物がその幽玄ゆうげんな音楽に驚きます。

これらの魅惑的な鳥は、タイの文学、仏教の経典、東洋の神話に根付いており、「パクサワユッパック」とも呼ばれています。彼らは実在するものの、そのたぐいまれさから、人々は彼らが空に住んでおり、空気によって養われていると信じています。彼らは目に見えず、その天空に響く天上の声だけが聞こえます。現実では、これらの逃避行動を示す存在は、「楽園の鳥」として知られています。

この魅惑的な香水は、仏教の経典「トリブム・プラ・ルアン」に描かれる神秘的なカラウィックからインスピレーションを得ています。香りは、野生のマンゴーの木に抱かれた群れのカラウィックの情景を描き出し、その鳥の羽毛は、彼らが消費する果実と同様に鮮やかです。香水の中心となるノートは、熟し具合の異なるマンゴーが実る野生のマンゴーの木の魅力的な香りから派生しています。未熟なマンゴーの皮のより強烈なノートを感じる人もいれば、完熟したジューシーなマンゴーのエッセンスを感じる人もいます。トップノートではラベンダーやマグノリアの香りが優雅にフュージョンされています。最後に、ココナッツや他の木のノートの香りが調和して、東南アジアの熱帯林の本質を象徴する―――楽園の謎めいた「楽園の鳥」のエッセンスを閉じ込めます。

Siam 1928公式サイト https://siam1928.com/product/siam1928-karawik-ceramic-bottle/

購入可能なお店と値段

価格は2024年4月10日現在のものです。

スポンサーリンク
ABOUT ME
Kanako
Kanako
香水オタク
ニッチフレグランスの沼にハマり、約3年。香水愛好家。香水ボトルのコレクションは300以上、サンプル所有数は1000を軽く超える。朝香水をつけないとやる気にならない怠け者。でも香水の展示会には海外にも行ってしまう行動的な部分もある。タイ・バンコク在住🇹🇭

私の香水日記をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

記事URLをコピーしました