SIAM 1928

【香水辞典】KAKEE(Siam 1928)

香水オタク

KAKEE

SIAM 1928

PARFUM CONCENTRATION: 23%

調香師 NUTT WESSHASARTAR

2024

Cumin Seed EO Mandarin EO

Jasmine Absolute Mimosa Absolute Tuberose Absolute

Ambrette seed Castoreum Tincture Labdanum EO

スポンサーリンク

コンセプト

「カキーカムクロン、またはカキーの詩(序章)」は、ラッタナコーシン王国のラーマ1世(1782年〜1809年)の治世中に、チャオ・プラヤ・プラ・クラン(ホン)によって作られた詩の傑作けっさくです。彼は特定の仏教の経典からインスピレーションを得て、それを優雅な詩に再構築しました。ラーマ4世とラーマ5世の治世を通じて追加の詩が加えられ、作品が完成しました。

物語は、パラナシリのプロンマタ王の王妃である「KAKEE(カキー)」から始まります。彼女はその美しさと、地上のどの花よりも魅惑的な香りで知られています。彼女に出会った者は七日七晩その香りを感じ続けると言われています。

ある日、ガルーダの王であるウェンタイがプロンマタ王と賭け事をしているとき、彼はカキーと出会い、彼女に深く恋をしました。彼は彼女を彼女の意志に反して誘拐し、後に彼の王妃になりました。しかし、半神のナタクヴェーラは彼女をプロンマタ王に返すよう求めましたが、彼らの旅の途中で彼は彼女を彼女の魅力的な美しさのために暴行しました。

パラナシリに戻ったカキーは、プロンマタ王によって不当に追放され、不貞の罪で告発されました。彼女は様々な試練と男性との出会いに直面し、それが紛争や戦争につながり、最終的には彼女の過度の美しさのために真の愛を経験することはありませんでした。

物語の中心は主に性的欲望と不道徳な行為です。しかし、別の視点から見ると、カキーの物語は古代の男女の複雑な関係の興味深い描写を描いています。

詩の物語は、カキーの美しさと魅力だけでなされた悲劇的な運命を物語っています。彼女は彼女の人生に入ったいくつかの男性たちとの様々な試練や出会いに直面し、それが紛争や戦争に至るまでの原因となりました。物語は、カキー自身が彼女の過度の美しさに圧倒され、真の愛を経験することなく終わります。

カキーの感動的な物語を読んだ後、人々は「どのような香りが男性をそこまで魅了するのだろうか?」と疑問に思うかもしれません。詩を再読し、鍵となるフレーズ「カキーはどの花よりも甘い香りを持つ」と見つけた私たちは、香水KAKEEを創り上げました。

この香水の中心に位置するのはチュベローズで、その酔いしれるような香りは緑のニュアンスと絡み合い、ほとんど圧倒的なまでの存在感を示します。この香りがカキーを代表するものになりました。私たちは、主要な香りを深化させるためにジャスミンとミモザを加えました。しかし、望ましいチュベローズの香りを実現したものの、男性の気持ちを刺激する要素が欠けていることに気づきました。そのため、カストリウムティンクチャーとアンブレットシードを加え、動物的な香りが情熱と性的魅力を表しており、初期のチュベローズの香りと美しく調和させました。

Siam 1928公式サイト https://siam1928.com/product/siam1928-kakee-ceramic-bottle/

購入可能なお店と値段

価格は2024年4月11日現在のものです。

スポンサーリンク
ABOUT ME
Kanako
Kanako
香水オタク
ニッチフレグランスの沼にハマり、約3年。香水愛好家。香水ボトルのコレクションは300以上、サンプル所有数は1000を軽く超える。朝香水をつけないとやる気にならない怠け者。でも香水の展示会には海外にも行ってしまう行動的な部分もある。タイ・バンコク在住🇹🇭

私の香水日記をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

記事URLをコピーしました