サイトについて

このサイトの目的と私の香水遍歴について

香水オタク

はじめまして、香水オタクのKanakoと申します。今まで使用していたサイトが壊れてしまい、急遽作り直しました。

初めて当サイトに来てくださった方も沢山いらっしゃると思うので簡単に自己紹介します。

現在タイ・バンコクに住む香水オタクで、主にニッチフレグランスが大好きです。元々日本にないものを探すことが好きで、香水も色々な方法を駆使して世界中の香水を探しています。幼い頃から香水は好きでしたが、ニッチフレグランスの沼にハマったのはコロナ禍です。その時は、1年間に160本以上香水を購入し、お給料のほとんどを貢いでいました。現在は香水の展示会に行ったりして、日本の多くの皆さんにニッチフレグランスの魅力を知ってもらいたく活動しています。

スポンサーリンク

私の香水遍歴

香水好きの方には長い間香水収集をされている方も多いと思います。私の香水遍歴はこんな感じです。

中学1年生
初めて自分の香水を手にする(写真にあるCHANELのAllure(Parfum)

父のロンドン出張のお土産に買ってきてもらったのですが、父は全く香水に詳しくないので、1番高いパルファンを買ってくる😂

中学生〜社会人
海外旅行に行ったら、その国の香水を必ず買うようになる
Signature Scentにこだわる

元々ヨーロッパが好きなので、必ず空港のDuty Free Shopで香水を数本買う。香水は大体デザイナーものが多く、私のSignature ScentはChance、Miss Dior、Sì、La Cautivaなどなど

社会人8年目くらい?
Louis VuittonのAttrape-Rêvesに出会う

旅先のケープタウン(南アフリカ)でAttrape-Rêvesに出会い、その香りに悶絶するものの値段が高すぎて諦める。(転職した時に自分へのご褒美で買いました

コロナ禍
新宿伊勢丹のSalon de Parfumに初めて行って感動する

新宿伊勢丹は元々好きでしたが、1階は余り行かなかったのでSalon de Parfumの存在を知りませんでした。初めて行って、ニッチフレグランスの幅広さに感動し今に至る

上記を見ていただければ分かるかもしれませんが、香水沼歴は2年くらいと短いです。その代わり、お金・労力使えるものは惜しみなく使った自信があります。

このサイトの目的

伊勢丹のSalon de Parfumでニッチフレグランスの魅力に取り憑かれ、Nose Shopでも購入しましたが、香水は高水に改名した方が良いのではないかと思うくらい値段が高いです。伊勢丹はサービス含め、ブランド力があるので値段が高くても個人的には納得がいくのですが、後者のお店に関してはサービスの質が悪く(店員さんの当たり外れ・ボトルを購入してもサンプルすらない)不満に思っていました。あと香水ブランドへの対応も酷く、好きではないです。(そのお店のファンの方はごめんなさい。)

香水の本場であるヨーロッパの方が安いことは明らかなので、ヨーロッパから個人輸入出来ないかと試しに探してみたら、正規店や正規品を扱うヨーロッパの香水店ではヨーロッパ価格で販売していることを知りました。また香水ブランドの種類が日本と比較すると違いすぎる。

私は香水は個性を表すものだと思っています。勿論香水が苦手な方もいるだろうし、TPOは守らないといけないと思います。日本の香水マーケットは魅力的に見えない(規制・距離や香水人口の少なさ)という話をブランドから聞いたこともありますが、日本でもニッチフレグランスの認知度は確実に増えていると思います。

日本の方にもニッチフレグランスの魅力を知ってもらいたい、そして「賢い」買い方(正規品を安く手に入れる・流行に関係なく本当に好きなものを購入する)の一助になればと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサーリンク
ABOUT ME
Kanako
Kanako
香水オタク
ニッチフレグランスの沼にハマり、約3年。香水愛好家。香水ボトルのコレクションは300以上、サンプル所有数は1000を軽く超える。朝香水をつけないとやる気にならない怠け者。でも香水の展示会には海外にも行ってしまう行動的な部分もある。タイ・バンコク在住🇹🇭

私の香水日記をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

記事URLをコピーしました